天珠について

天珠(てんじゅ)はチベットのお守り。

チベット仏教の僧侶が身につける物だが、
一般に装飾品としても用いられる。 

チベット西蔵から各地に伝わったことから、
日本では「チベット天珠」または「西蔵天珠」と呼ばれている。
メノウ、玉髄、カーネリアンなどを円筒形に加工し、表面に吉祥文様が焼き付けて、紐に通して身につける。

特殊な染料を浸透させて高温で焼き付けされている紋様は、
円の形を眼と表現している。

「一眼天珠」から「二十一眼天珠」を基本として眼珠と呼んでいる。
四十八眼天珠や百八眼天珠も出土されている。

また、円と四角の形を組み合わせ、
円が天で四角が地を表現して「天地天珠」と呼ぶものや、
樹木や蓮華とか観音菩薩を模写した紋様など多彩な紋様がある。

本来はチベット仏教の僧侶が身につける物だが、
1994年に発生した中華航空140便墜落事故 の生存者が
身につけていたことからブームになり、一般にも広まった。

wikipediaより 

 

最強運パワーブレス【琉球結界ブレス®】

天珠に関してのお問い合わせはこちら

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です